ニュースの天才/Shattered Glass '03(米・加)

c0008209_9505457.jpg
大統領専用機に唯一設置され、
アメリカで最も権威ある政治雑誌とされる
「THE NEW REPUBRIC」のスター記者
スティーブン・グラスが書いた記事の
ほとんどが捏造であったことが発覚。
米国メディアに衝撃が走った実話の映画化。

実話ということを知っていても、こんなメジャーな一流誌で
これほど簡単にデッチあげ記事が掲載されたことが信じられない。

DVD特典で本人のインタビューが付いてるが本編より興味深い。
(ヘイデン・クリステンセンより本人の顔の方がましだったし・・・)
グラス本人は出版社をクビになってからロースクールを卒業したそうだから
驚異的に頭のいい人なんだろうけど、実体験をベースに出版したり、
しゃあしゃあとマスコミに出てくる神経も理解不能。
ふつう、あんな事件が明るみに出たらジャーナリスト生命は終わりでしょ?
あんな話を思いつくなら小説か脚本の道に進めばよかったのにね。

職業柄、他人事ではない題材だけど、映画としては物足りなかった。
捏造のプロセスと、露見しそうになった時の主人公の心理描写など、
もっとサスペンスっぽく盛り上げてほしかった。
主人公ってば、イタズラがバレてパニくる子供みたいで
隠蔽工作もバレバレのちゃっちいものなので正直呆れた。

'05 9 DVD ★★★☆☆
監督:ビリー・レイ
出演:ヘイデン・クリスンテンセン、ピーター・サースガード
   クロエ・セヴィニー
[PR]

by Gloria-x | 2005-09-09 10:05 | 映画レビュー