スイート リトル ライズ/ 江國香織 幻冬舎

人気テディベア作家の瑠璃子と外資系企業勤務の聡。
「信じられないほど仲がいい夫婦」と羨ましがられ、
ふたりは自分たちの暮らしに十分満足していた。

しかし、ある日突然瑠璃子は気づく。
自分は聡を愛しているのではなく、聡に対して飢餓状態なのだと。
そして聡も気づく。瑠璃子に対して秘密を持ち、
嘘をつくときのほうがなめらかに会話ができることを。


江國香織の小説のヒロインはたいていわたしの苦手なタイプ。
苦手というよりキライで、ともだちにはなれそうもない。
女としてのタイプはもちろん、好みやライフスタイルがいちいち癇に障る。
それなのになぜ毎度読んでしまうのか。
しかも作品世界に没頭して・・・

不思議だけどそれが著者の才能であり、プロ作家の力なのだろう。

'05 8 ★★★☆☆
[PR]

by Gloria-x | 2005-09-04 23:36 | ブックレビュー