バティニョールおじさん/Monsieur Batignole '02(仏)

c0008209_13474084.jpg1942年、ナチス占領下のパリ。
肉屋を経営するバティニョールは
日々の商いで精一杯のさえない中年男。
ある日、ナチス協力者である娘の婚約者が
同じアパートに住むユダヤ人医師一家のスイス逃亡を密告、
一家は強制連行された。
一抹の心の痛みを感じながらも妻や娘の婚約者の言うがままに
医師一家が住んでいた広い部屋に移り住むバティニョール。
そこへ突然、医師の息子シモンが帰ってくる。


彼は収容所行きの列車に乗る直前に脱走し、パリまで帰ってきたのだ。
なりゆきでシモンを匿うハメになったバティニョールだったが、
やがて命をかけてシモンと彼の従姉妹をスイスに逃がそうとする。

「僕セザール10歳半1m39cm」で主人公を演じていた
シモン役のジュール・シュトリックが可愛い!
ユダヤ迫害モノなのに悲惨なシーンがなく、ユーモラスなタッチでありながら、
さりげない描写で歴史的な悲劇の実像をしっかり伝える演出は見事。

スイス国境近くの村で警察に尋問されたバティニョールが、
自分は生粋のフランス人なのにユダヤ人がのりうつったかのように
仕事や財産を奪われ、迫害される心情を激白するシーンがよかった。

'05 8 DVD ★★★★★
監督:ジェラール・ジュニョ
出演:ジェラール・ジュニョ、ジュール・シトリュック
[PR]

by Gloria-x | 2005-09-03 13:52 | 映画レビュー