シネマと書店とスタジアム / 沢木耕太郎 新潮社

誰にでも「それさえあれば」というもののひとつやふたつあるような気がする、
という著者にとってのそれとは「映画と書物とスポーツのゲーム」
できればそれに酒を加えてもいいとか。
独自の視点で紡ぐ映画評、書評、スポーツ観戦記。

わたしも映画、本、スポーツの3つがあればかなりOK。
ただし、わたしの場合、スポーツ観戦ではなくスポーツクラブ。
そして、酒は絶対に外せない!

'04 12  5段階評価★★★
[PR]

by Gloria-x | 2005-01-09 18:57 | ブックレビュー