ヴィレッジ/ THE VILLAGE '04(米)

c0008209_2114361.jpg
シャマラン監督お得意の恒例どんでん返し、
今回の仕掛けは深いメッセージ性が感じられて
わりとよかった。(当たり外れの激しい監督だ・・・)

深い森に囲まれ、厳しい掟を守りながら
ひとつの家族のように一致団結して暮らす村の秘密。
その真相だが、回想モノローグによって少しずつベールをはぐようにじわ~っと観客が理解していく方法と、

映像による場面転換で瞬時に見せる方法の2つを用意しているのが効果的。
(個人的には前者の手法が◎)

前半「村人全員が家族か親戚みたいという閉鎖的で
しがらみだらけの世界で暮らすなんて想像しただけで気が狂いそう!」
と思いつつ観ていたが、どんでん返し後は
「ホアキン・フェニックスたち子供世代の住人は
親世代のエゴの完全な犠牲者だよな~」と思うようになった。

子供は親を選べず、親が用意した環境や押し付けた価値観の中で生きていくしかない。
それを乗り越え、オリジナルな生き方を見つけることができたとしても
親の影響力は恐ろしいほど強大だから、完全に振っ切るのは並大抵ではない。
その選択肢があらかじめこれほど限定されている人生なんて意味があるのだろうか?
必然的にアーミッシュやエホバに思いが及ぶ。

ブライス・ダラス・ハワードは存在感があっていい役者だと思うが
この役では盲目には見えないことのほうが多いのがちょっと・・・

'05 7 DVD ★★★☆☆
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ホアキン・フェニックス、ブライス・ダラス・ハワード
   ウィリアム・ハート、シガーニー・ウィーバー
[PR]

by Gloria-x | 2005-07-28 21:12 | 映画レビュー