誰か発明してくれ~

地獄のように暑い毎日。
仕事の場合は「行かなきゃいけないもの」と割り切っているので
さほど苦痛は感じないが、
休みの日に図書館、銀行、買い物などの用で外に出るのは
ものすごい勇気を振り絞らなきゃいけない。
おおげさじゃなくバンジージャンプで飛び降りるほどだ。

まず全身UVケアして、ブラジャーつけて、服着て・・・
そう考えただけで萎えそうになる気持ちにムチ打って
わたしは特攻隊のような心境で炎天下の外に出る。

瀕死で帰宅するやいなや、服を剥ぎ取るように脱ぎ、
即行でシャワーを浴びる。
夏はこの繰り返し。あ~イヤだイヤだ!

「どこでもドアがあればなぁ」と真剣に思う。
いや、それより欲しいものがある。
それは各人が自分の快適な温度と湿度に設定できるエアドームみたいなものだ。
ドームだけど密閉されてなくて、
物を触ったり、人と触れ合うこともできる。

それがあればどれだけ快適か!
化粧し終わったそばから汗で崩れてイラつくこともなく、
汗で湿った服を着けたまま過ごす不快感ともサヨナラ。
悪意があるかのごとく暑いを通り越して痛い日差しや
不快指数200%以上のム~ッとした空気も気にならない。

きっと仕事の効率も上がり、
人々の機嫌もよくなって通り魔的な事件も激減するだろう。

誰か発明してくれ~

※このドームには喫煙者がタバコの煙をまき散らして
  他人に迷惑をかける
のを防ぐというメリットもある。
[PR]

by Gloria-x | 2005-07-17 23:08 | 出来事・世間・雑感