長~い一日 

前半:昨日は「一日人間ドック」の日。
フリーランス人生だったので定期健診の類も経験がなく
本格的な健康診断を受けるのは生まれて初めてだ。
家からいちばん近いクリニックに予約しておいたら
先月リニューアルしたばかりらしく
ホテルみたいに広々とキレイで洗練された雰囲気だった。

フロントで着替え(スウェット上下)を渡され、ロッカー付き個室の更衣室へ。
待合スペースはすわり心地のいいソファが配置され
床は肌触りのいいムク素材のフローリング。
雑誌類も充実していて待ち時間も快適そのもの。

循環器系、呼吸器系、超音波検査のあと
クライマックスはバリウムを飲んでのX線検査。
バリウムは想像していたほど飲み辛くなかったが、
むしろ胃を拡張させる発泡剤の方が飲みこむのが大変だった。

NASAの宇宙飛行トレーニングマシンみたいな
機械に乗せられてグルグル回され、別室からマイクで指示する
ドクターの声に従って仰向けになったりうつ伏せになったり
体を反転させたり、これがけっこうハードで
腰痛を患ってる時だったら絶対にムリだっただろう・・・

検査後、医師の結果と所見説明。
最近、同年代の友人が続いて突然入院したので
かなり冷や冷やしていたのだが
「まったく問題なし、健康そのものです」との結果にひと安心。

後半:思いがけず友人からお誘いがあったので
いったん帰宅してシャワーを浴びて着替えてミナミへ。
鰻谷の新しい焼き鳥屋で食事し、堀江で飲み直していると
友人のケータイにメールが。
新地で飲んでる知人が来ないかとのこと。
そのA氏のことはよく聞かされていて、興味があったので行くことにした。

タクシーでミナミからキタ新地へ移動。
A 氏は男3人で飲んでいたのだが、
わたしたちが到着した時点でかなり出来上がっているのか
呼び出しておいてお互いを紹介する気遣いもないのが気になった。
(人を引き合わせ、紹介するのが下手な人ってよくいるけどわたしはダメ)
連れのB氏とC氏も突然女2人登場でやや当惑気味の様子だし、
わたしもとりあえずA氏は実物を見れたのでもういい状態(笑)

しばらくすると友人とA氏は京都まで電車がなくなるからと
慌しく帰るそぶり(結局それかい!と呆れるわたし)
しかし、店はスタンダードなバーでなかなか居心地がよく
話し上手なマスターと男前のバーテンダー相手に
(マスターの息子で25歳の司法受験生!)
盛り上がっていたところなので、わたしはもう少し飲んでいくことにした。

すると、帰ったはずのB氏がすぐ戻ってきた。
一人で気楽に飲み直そうと思っていたのでちょっとアテが外れたが、
お互い、さっきまで訳がわからん状態で下手なことも言えず
中身のない話しかしてなかったので
気を取り直してあらためて自己紹介からやりなおし。
やっとそれぞれの人間相関図が把握できて2人ともすっきり(笑)
その後、マスター&息子も交えて楽しく談笑した。
実はこの店はもともと彼のシマでマスターとも古くからの顔なじみらしい。
B氏はなかなかいい人でちゃんと地下鉄の改札まで送ってくれた(紳士だ)

あ~なんだか長い一日だった。
でも、あのバーは一人でも気軽に立ち寄れそうだし
キタでそういう店が欲しかったので思いがけない収穫だったかも。
[PR]

by Gloria-x | 2005-06-25 16:55 | 出来事・世間・雑感