人のセックスを笑うな/ 山崎ナオコーラ 河出書房新社

第41回文藝賞受賞作。
奇をてらったようなタイトルとペンネーム(賞狙い?)
のわりに内容は驚くほどふつう。
一人称語り、淡々とした心理描写、
ドラマチックでもおしゃれでもない恋愛関係など、
いかにも最近の文藝賞という印象を受けた。

主人公(19歳の専門学校生)の男の子はちょっと吉田秋生作品の
登場人物に通じるようなところがあってなかなか魅力的で
彼の心情や行動にはかなり感情移入できた。
ただし、珍奇な名前がついているのはいただけない。
作品中で彼の名前に関するエピソードも出てこないし、必然性があると思えない。

恋愛相手(39歳の美術講師)は好きになれないタイプの女。
女を捨てているわけではないのに、
面倒だからと肌や爪の手入れをまったくしないので肘や踵がガサガサ、
寝起きのまま髪もとかさず化粧もせず外出する、
家事がまったくできないetc・・・
39歳でありながら「大人の女っぽさ」を出さないところが
いかにもわざとらしい感じがして好感が持てず、
女の側にはまったく感情移入できなかった。

~愛撫はゆっくり優しく丁寧に、且つ、エッチに、相手の反応を細かく見ながらやるべき~

19歳でこう言い切る主人公はすばらしい!
こんな当たり前のことをまったくわかっていない男が
世の中にはなんと多いことよ・・・

'05 5 ★★★☆☆
[PR]

by Gloria-x | 2005-06-03 14:14 | ブックレビュー