永遠のモータウン/ STANDING IN THE SHADOWS OF MOTOWN '02(米)

c0008209_22263818.jpg
デトロイトで生まれ、数々のヒット曲、名曲を世界中に送り出したミュージック・レーベル、モータウン。
才能あふれるミュージシャン集団でありながら、
常にヒット曲やスターたちの影の存在であり続けた
レコーディング・バンドのファンク・ブラザーズに
スポットを当てたドキュメンタリー映画。




意識してなかったけど、子供の頃からモータウンのヒット曲が好きだった。
マーヴィン・ゲイ、テンプテーションズ、シュープリームス・・・
「悲しい噂」「What's going on?」「You've realy got a hold on me」
「Ain't no mountain high enough 」「恋に破れて」などなど
今でも大好きな曲が満載で見ごたえ聴きごたえ満点。

c0008209_22244590.jpgでも、途中で何度もはさまれる回想シーンやインタビューがテンションを下げてしまうので、ライブシーンを連続で見せてくれたほうがよかったかも。
再結成したメンバーは故人も多く、
じいさまばかりだがファンキーな演奏テクニックは健在で渋い!


'05 5 ★★★☆☆
監督:ポール・ジャストマン
出演:ファンク・ブラザーズ 他
[PR]

by Gloria-x | 2005-05-25 22:32 | 映画レビュー