わたしの新生活

これがわたしの生きる道♪ なんてね(笑)

c0008209_2053723.jpg

ダーリンとわたしの数ヶ月ごとのささやかな贅沢。
日頃の疲れをリフレッシュしにココへ行ってきました。

温泉、岩盤浴、韓国式アカスリ、タイ王宮式アロママッサージに加え、
今回はフェイシャルトリートメントもプラス。
まさに癒しのフルコースをたっぷり満喫してきました~♪

*************************

この春、わたしは新しい仕事をスタートしました。
ライフスタイルも激変、忙しくも楽しく充実した毎日を送っています。

約1年前から計画・準備した転身。
ごく親しい人たちにしか話していないのですが
昔からわたしを知っている人なら
「ぴったり~!」とけっこう納得するかも?
注:バーのマダムじゃないよ(爆)

長年のライター業の後、
数年の寄り道&社会勉強を経て
これから何をするか、かなり真面目に考えました。
まず、職種云々より
今後どんな風に生きたいか、どんな人になりたいか
理想像をイメージすることから始めたのです。
そして、自分の中で条件検索するように選びました。

◆歳を重ねても続けられて、歳を取ることがマイナスにならない。
◆自分の個性や能力、今までに培った特技が生かせる。
◆服装、持ち物、話術や立ち居振る舞いなど、
 すべての面で自己プロデュースできる。
◆将来「只者じゃない」オーラのある老婦人になれる可能性大。

なにより優先したのは、お洒落して仕事できること♪

わたしにとって服装(メイク含む)はとても重要。
自分が納得いかない格好で働くなんてまっぴらごめん!

だけど、有閑マダムみたいに友人とのランチや
自己満足のためだけにお洒落するのも虚しい感じ・・・
仕事に効果を発揮してこそ、お洒落のしがいもあるというもの。

ファッション業界で働きたいなんて思ったこともないし
わたしなんかに働けるはずもない。
ところが、なぜか
「アパレル関係のお仕事ですか?」
「ブティックか何か経営されてるんですか?」
そう言われることが度々。
「えーっ!まったく違いますー!」と
のけぞって否定してたんだけど
ベクトルは違えど、もしかしたら服装への強い執着がそう思わせてたのかも?

とにかく、これからは自分の楽しさ、快適さを第一に仕事しようと思ったのです。

こんな風に書くとふざけてるみたいだけど
仕事って職種や肩書きに固執するよりも
案外こんな風にふわ~っと
送りたいライフスタイルをイメージして選んだほうがいいのでは?
(これはライターを辞めてからの数年で実感したこと)

とはいえ、まだまだペーペーの新人。
これからさらなる勉強の日々だし
なってみて初めて知った予想外の現実も諸々ありますが
思わぬ嬉しい特典は「先生」と呼ばれる職種なことかな。

「がんばる」「張り切る」は苦手だし
「こんなこと始めました!」と自己宣伝するのも性に合わないので
謎めいた書き方で恐縮ですが
「一人前」と言える自信がついたらカミングアウトするかも?
ま、ダメだったらダメでまたその時に考えればいいしね。

PUFFYじゃないけど、わたしはこんな感じの脱力スタンスでやっていきま~す(^_-)v
[PR]

by Gloria-x | 2012-04-17 00:07 | 出来事・世間・雑感