相続人TOMOKO / 大沢在昌

かっこいいのに嫌味じゃないヒロインを書かせたら大沢在昌の右に出る者なし!

c0008209_14331076.jpg

魔女の笑窪」「魔女の盟約」を教えてくれたmiffyさんのリコメンド。

彼女のコードネームはTOMOKO。元CIAの優秀な工作員。
上司の命令で米国有数の財閥ウェリントン家の総帥に接近したTOMOKOは
不覚にもターゲットと恋に落ち、結婚する。
実は彼女に下された命令の裏には巨大組織の陰謀が隠されていた。

前にも書いたけど、大沢在昌ってキャラクター作りの天才ですね!
特にかっこいいヒロインを書かせたら右に出る者なし。

完璧な容姿と頭脳を持ち、クールでタフ。
普通、こんなパーフェクトなヒロインってどこか嫌味で鼻につくはず。
特に女性読者の目で見ればツッコミどころ満載だろう。
しかし、大沢在昌が描くと鼻につくどころか
素直に「かっこいい!」とヒロインに好感を持ってしまうのがすごい。

これって男性作家には珍しい、得難い才能だ。

ジャンルを問わず、男性作家が描くヒロインって
女から見れば「こんな女いるー?」とか
「このヒロイン、絶対に女友達いないよねー」的なキャラが多いもの。

米国軍需産業と右翼の秘密組織、米陸軍特殊部隊、
日本の警察、ヤクザが入り乱れて一人の女の命を狙い、
TOMOKOは単身戦いを挑む。
荒唐無稽なストーリーだけど細部まで綻びがなく
(あってもわたしには気づかないけど)
結末までグイグイ引っ張られて一気読み!
そして、TOMOKOと一蓮托生のハメになる
元売春婦・智子の成長が気持ちのいい読後感。

映像化するなら誰だろう?と想像してたら
なんと!2000年に小柳ルミ子で映画化されてたらしい!
いや~そりゃないでしょ~(笑)

'12 2 ★★★★★
[PR]

by Gloria-x | 2012-02-25 15:51 | ブックレビュー