十三人の刺客 '10(日本)

ツッコミどころ満載だが、娯楽作品としてはけっこう楽しめる

c0008209_12573543.jpg

明石藩主・松平斉韶は生来の残虐な性質で
楽しみのために罪もない民の殺戮を繰り返す暴君。
彼が老中に就任することは国の存亡に関わると判断した
幕府の老中は彼の暗殺を決断。
御目付役・島田新左衛門に密命を下す。
斉韶の凶行の数々を知った新左衛門は
命がけで大義を果たすことを決意し腕の立つ刺客を集める。


冒頭「これは広島への原爆投下から100年前の物語である」的な
テロップがいきなり出てきて「はぁ?どういう意味?」
監督のメッセージなんだろうけど
映画の内容とまったく関係ないし違和感あるし要らないと思う。

c0008209_125613.jpg

時代物は苦手なので、小難しい歴史的背景の説明とかが
チンタラ続くとイヤだなぁと懸念したが
初っ端からガツンと強烈にツカミがうまい!
グロすぎて引く感はあるが、あれで
「エンターテイメントなのね」とはっきりしたのはいい。

c0008209_1325258.jpg

女優は全員はっきり言って出演し損!
時代考証の忠実さなのか、単なる監督の趣味なのか?
振り向けばこのメイク(眉なし・お歯黒)
美人かブスかキャラ設定がわからない。
吹石一恵の登場シーンも照明が怪談映画みたいだったし・・・

c0008209_131476.jpg

豪華キャスト。
予想外の存在感で驚いたのが伊勢谷友介!(演技を初めて見た)
稲垣吾郎も難しい役が無理なくハマっていた。
あれ以上に「狂気」を熱演されると全体のバランスが崩れると思うので・・・

肝心の刺客13人のキャラ描き分けが弱いのと
戦闘シーンが長すぎ&明らかな戦略ミスなのが難


素人のわたしでも「えー?あれだけ綿密に計画したのに本番これ?」って呆れたもの。

役所浩司の顔のデカさは今さら言うまでもないが
山田孝之もデカいよねー。
体はそうでもないのに顔の印象で「デブ?」と思ってしまう。

c0008209_1325233.jpgc0008209_13254862.jpg













そうそうイーグルス「デスペラード」は予告だけだったんですね。
予告を観た時は「名曲に頼りやがって」と苦々しく思ったけど
流れないとちょっとがっかりしたりして・・・・(;^_^A


'11 8 DVD ★★★☆☆
監督:三池崇史
出演:役所浩司、市村正親、平幹二郎、松方弘樹、岸辺一徳
    山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、稲垣吾郎
[PR]

by gloria-x | 2011-08-08 13:47 | 映画レビュー