チェイシング 追跡/ Tenderness '09(米)

世間の評判は悪いしアラはあるけど、わたしはけっこう好きでしたね

c0008209_20264789.jpg

日本版DVDのパッケージの印象は「単純なサスペンスアクション」
ところが、その予想は始まってすぐに裏切られる。
「え?え?ちょっと待って!どういう話?」
しばらくは頭の軌道修正&話についていくのに必死。

c0008209_012091.jpg


静かで抑えた演出と、ちりばめられる詩的ともいえる映像
そして今にも恐ろしいことが起きそうな不穏な空気・・・
気がつけばすっかり引き込まれてしまっていた。

両親を殺害して少年院に入っていた少年と
密かに彼を監視する刑事。
そして、一方的に少年につきまとう少女。


c0008209_20275413.jpg


ソフィー・トラウヴ、すごい顔!
最初「なんじゃこりゃ?」となるが
演技もうまいし目が離せなくなる。
ある種の珍味みたいな女優になるのか?


c0008209_20272596.jpg

ジョン・フォスターも独特の存在感。
一歩間違えば失笑モノの不気味な演技。
この2人の存在感と演技にどんどん引き込まれ
どんな展開になるのかハラハラしつつ一気に鑑賞。


アラはサスペンス部分と
若者2人の物語部分のバランスが悪いこと
純文学とエンターテイメントが同居してるみたい


少年の犯した事件と、起こすかもしれない罪の
ハラハラ・ドキドキ感は重要だし
回想の犯罪シーンはある意味美しいのに惜しい。
潔くサスペンス色を消したほうが作品の質も上がったのでは?
いや、それはそれで退屈になるか・・・

c0008209_20281836.jpg



'11 7 DVD ★★★☆☆
監督:ジョン・ポルソン
出演:ラッセル・クロウ、ジョン・フォスター、ソフィ・トラウヴ、ローラ・ダーン
[PR]

by gloria-x | 2011-07-28 20:32 | 映画レビュー