間宮兄弟  / 江國香織 小学館

35歳と32歳の間宮兄弟は二人暮し。
兄・明信は貧相な体型で弟・徹信は小太り。
どっちも恋愛経験ゼロで、彼らを知っている女たちの意見を総合すれば
「気持ち悪い、おたくっぽい、むさくるしい、だいたい兄弟二人で住んでるのが変、
そもそも範疇外、いい人かもしれないけど恋愛関係には絶対ならない」
兄弟でインドア趣味に興じ、「徹底的にモテない」現実を受け入れつつ、
突発的に女性を好きになって玉砕する日常を描く。

江國香織作品でこのタイトルだから、さぞかし危険でイケてる兄弟の話かと思いきや
彼らの描写は生理的拒否反応を起こすスレスレって感じ・・・

~明信はため息をついた。そして、世間にはややこしい恋愛沙汰が
 ごろごろしているらしいのに、なぜ自分の身にだけ起きないのだろうと考えてしまった~

こういう男性って現実にうじゃうじゃいるような気がする。
恋愛できない人というのは本人に問題があるだけじゃなく、
そういう縁や運が素通りしていく人たちなのだろうか?
間宮兄弟は確かにキモいが、救いは二人とも知的で映画や本に造詣が深いこと、
自分たちを客観視できること、そして一応は風俗で童貞を捨てていることか。

兄・明信が思いを寄せる女子大生・直美と、妹の高校生・夕美には
ちゃんと肉体関係のある恋人がいて、ほんとに今どきのフツーの若い女の子なのに
兄弟に対して残酷ではなく、彼女たちの恋人も同様なのが救われる。

'04 12 23 5段階評価★★★★
[PR]

by Gloria-x | 2004-12-28 14:48 | ブックレビュー