ザ・ファイター/ The Fighter '11(米)

主人公の姉妹たちの顔!・・・よくぞ集めたよねぇ(笑)

c0008209_2002347.jpg

マサチューセッツ州ローウェルに住むボクサー兄弟の実話を基にした物語。

前半「すごく評判いいけど、それほど?」と思いつつ観ていた。
助演男優賞・助演女優賞に輝いた
クリスチャン・ベールとメリッサ・レオの演技についても
「過大評価じゃないの?」と感じ、ピンとこなかった。
ところが、後半になって怒涛のごとく巻き返してくる映画だった。
まさに主人公ミッキー・ウォードの試合のように!

c0008209_19532425.jpg
マーク・ウォルバーグはどの映画にどんな役で出ていても好き!
理屈抜きでルックスが好みなのですねー。
逆にクリスチャン・ベールは苦手・・・
このディッキー役も上手いと思うけどね。
生理的にダメなんですよねー。

c0008209_19543828.jpg
メリッサ・レオ、すげー!
好きな男にこんな母親がいたら、と思うと・・・
「どの子供も同じように愛してるわ」と言い切るが、
親だって人間、絶対に公平なんてことはありえないのだ。
本人に悪気がないところが罪深い。

この家族の、血の絆ゆえの病巣がやりきれなかった。

c0008209_1955146.jpg
エイミー・アダムス、安酒場のおネエちゃん役をやっても
「蓮っ葉」になりきれない「重さ」があるのよね。
この役は意外に似合ってた。

c0008209_2032391.jpg

この姉妹たちを見よ!
よくぞこんな顔を集めたよねぇ~。
映画でこれだったらモデルとなった実際の姉妹は・・・なんてつい興味津々(;^_^A
父親違いなのに仲がよくて団結力強いのはいいけど
いい歳して全員家でゴロゴロしてるけど誰も働いてないの?

話はそれるが、人によって「ホラー映画の恐怖シーン」
「バイオレンス映画の暴力描写」「エロ描写」など苦手な分野があると思う。
最近やっとわかったのだが、わたしが苦手なのは
この映画の主人公家族のような人種が出てくる話。

酒・ドラッグ中毒、無計画な結婚&出産、貧困、無教養etc・・・
暴力描写もスプラッターも全然平気だけど
こういう人々の生態を観てると、フィクションとわかっていても
ほんとにしんどくなってくるの・・・。



'11 4 2 劇場 ★★★★☆
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:マーク・ウォルバーグ、クリスチャン・ベール
    エイミー・アダムス、メリッサ・レオ
[PR]

by gloria-x | 2011-04-06 23:01 | 映画レビュー