ほんまですかー?

大阪弁ネイティブのわたしがキャッチした違和感

c0008209_2275266.jpg
植村花菜の「トイレの神様」という楽曲がヒットしていることは知っていた。
わたしは曲にもご本人にも特別に興味はなく、
好きも嫌いもないまったくフラットな状態である。
(個人的には「トイレの神様」といえば吉田戦車だけどね)

ある日、「笑っていいとも」に植村花菜が出ているのを観た。
彼女は関西出身らしい。

タモリのコメントに対して何度か嬉しそうに
「えー?ほんまですかー?」と応じていた。


それを聞いて、な~んとなくうっすらと違和感を覚えた。
とはいえ、瞬時に消えていく程度。
人物にも曲にも興味はないのですっかり忘れていた。

c0008209_22195411.jpg
先日、モノマネ番組で友近を観た。
メジャーになる前から大好きな芸人さんである。

友近は藤原紀香のモノマネをしていた。
紀香が、自分の番組が関西に流れていると知った瞬間、
スイッチが切り替わったように
「えー?ほんまですかー?」と関西弁で反応するというネタだ。

c0008209_22234543.jpg
その瞬間、植村花菜に覚えた違和感が腑に落ちた。

大阪弁ネイティブのわたしに言わせれば
藤原紀香と植村花菜の、このシチューションにおける
唐突な「ほんまですかー?」は「?」だ。

オフィシャルなシーンで会話の相手は非関西人。
「ほんとですかー?」のほうが自然だと思う。
(イントネーションは関西弁で)
それなのに、わざわざ自らが関西人であることを強調した
「ほんまですかー?」という言葉に
わたしのセンサーは敏感に違和感とある種の媚をキャッチしたのだろう。

そして、それは友近が揶揄する紀香と同じだったみたい。
(紀香は好きだけど)

重箱の隅を絶対に見逃さず的確につつく
友近ってやっぱり好きだわ~!


[PR]

by gloria-x | 2011-01-10 22:41 | 出来事・世間・雑感