陽はまた昇る '02(日本)

今じゃ懐かしいVHS対ベータの闘いの裏にはこんなドラマが!予想外の拾い物です。

c0008209_20193131.jpg
ビデオデッキの世界規格となったVHS開発の裏で活躍した
日本ビクター技術者たちの姿を描いたヒューマン・ドラマ。


そういえば、いち早くSONYのベータを買った友人が激しく後悔してたっけ。
初期のビデオデッキって2時間しか録画できなかったし
予約録画機能もなかったから、撮りたい番組を待ち構えていて
開始と同時に録画ボタンを押したっけetc・・・
今思えば石器時代のような昔のことが次々思い出されて感慨深い・・・。

日本ビクター、SONY、松下電器など
実在のメーカー名をそのまま使っているのが
日本映画にしては新鮮だった。
実話ベースでもたいてい毎朝新聞とかになるもんね。

あんな大企業の時代を変える画期的発明なのに
まるで東大阪の町工場みたいな環境の
炭鉱労働か蟹工船みたいなシチュエーションで
生まれていたなんて、驚きのあまり笑っちゃうシーンも満載。


西田敏行、うまい役者だとは思うけど正直あまり好きじゃなかった。
この作品で初めて見直したというか、好感持った。
渡辺謙はいつになく控え目な役どころだがさすがにうまい!
そしてこの2人のコンビネーションがいい味わいを出している。
脇を固めるのも演技派の名優ぞろいで安心して観ていられる。

欲を言えば、登場人物たちのモデルご本人の写真とその後を
エンドロールの時に紹介してほしかったな。

西田敏行演じる主人公は高卒で叩き上げの技術部長という人物なのだが
住んでいる家が広い敷地に立派な門構え、お蔵まであるお屋敷。
あれは奥さんの実家なのだろうか?(素朴な疑問)

展開もサクサク早いし、必要以上に感動を押し付けない演出も◎!
とにかく予想外に素直に感動でき、観てトクした気分になる秀作。


'10 12 WOWOW ★★★★★
監督:佐々部清
出演:西田敏行、渡辺謙、真野響子、緒形直人、仲代達也
    夏八木勲、井川比佐志、江守徹、田山涼成、石橋蓮司
[PR]

by gloria-x | 2010-12-06 21:27 | 映画レビュー