初恋の相手 

地下鉄で目の前に座っていたひとを見て初恋の相手を思い出した。
そういえば先週、なぜか彼の夢を見たのだった。
高校生の時にバイク事故で亡くなったひとで、
今思うと桑田圭佑に似ていた。

彼は在日コリアンで、実年齢より大人びていた。
そのせいか、同級生の男子たちも一目置いて
「ソンセンニン(先輩という意味の韓国語)」と呼んでいた。

好きになったのは小学校一年生の時。
図工の時間に彼の絵を見て「ただ者じゃない!」と思ったのだ。
子供のくせに彼はキレイな色をいっさい使わず、
絵の具を混ぜて泥のような色を作り、
ムンクみたいなタッチでジャングルの絵を描いていた。
その上、すごい達筆で難しい漢字をいっぱい知っていた。

六年生の時、わたしは彼にラブレターを出した。
友人と2人で朝礼をサボって教室に隠れ、
お互いに好きな相手のカバンを開けて
教科書の間に封筒をはさんでおいたのだ。
その日はドキドキして眠れなかった。

しかし翌朝、念のためにまた朝礼をサボり、
教科書をチェックすると、封筒ははさまれたままだった。
もちろんしっかり糊付けされハートマークのシールもそのまま・・・

彼も、友人が手紙をはさんだ男子も
家に帰って教科書を開きもしなかったらしい・・・(-.-;)
一気に興ざめしたわたしたちが手紙を取り返したのはいうまでもない。

生きている彼の姿を見たのは15歳までなのに、
夢の中で彼はわたしと同い年の大人の姿で登場した。
そして、わたしは「あ~、やっぱりこういうタイプになると思ってたな~」と
妙に納得しているのだった。

彼が生きていたらどんな男性になってただろう?
あんなに大人っぽかったのは早く死ぬ運命だったからなのかな。
[PR]

by Gloria-x | 2005-04-20 21:33 | 出来事・世間・雑感