機嫌のいい人、悪い人

よくある新書のタイトルみたいですが(笑)

わたしが子供の頃、両親はおおむね不機嫌でした。
特に母親はい~っつもイライラ、ピリピリ、ガミガミ。


c0008209_13333838.jpg

継母だと真剣に思っていた。









家事や子育てでいろいろ大変だったんでしょうけど
「自分が選んだ道でしょ、八つ当たりしないでよ」
子供心にもそんな風に思ってました。



c0008209_1393665.jpg

←あの頃こんな本があったらなぁ~(-_-;





母親の不機嫌がこっちにも伝染、
朝っぱらからちょっとしたことで言い合いになり、
理不尽な叱られ方をして
泣きながら登校することもしょっちゅう・・・(T_T)


そんな刷り込みがあったので
一人暮らしを始めても朝は不機嫌なのが当たり前だったのですが
ダーリンと暮らして目からウロコ!

朝はにっこり笑って「おはよう」と言うものだったんですね!
遅まきながら「家庭環境が人格を作る」を身をもって痛感したものです。


ダーリンは奇特なほど「常に機嫌がいい人」です。
ムダに陽気というのではなく、気分が安定している感じ。

c0008209_13215613.jpg








病気になって初めて健康のありがたさや
故障して初めて家電製品の便利さを実感するように
そういう人と長年暮らしていると、
それに慣れて当たり前になってしまうのですが
たまに不機嫌な人に遭遇した時にありがたさを再確認します。

先日もそういうことがありました。

男女の友人と食事をしたのですが
なぜか男子のほうがとっても不機嫌だったのです。
店に現れた時から機嫌悪そうだったのが
時間が経つほど、どんどん不機嫌に・・・
仕事が忙しかったらしいのですが
「こっちはそんなこと知らんがな!」ですよ!

c0008209_13513531.jpg


←何が気にいらないのか、ムッスーって感じ





大人なら誰しもいろいろあるけど
社交の場に現れたからには
にこやかにするのがマナー&常識。
自分の不機嫌に他人を巻き込むな!ですよね。

(その友人はこのブログを読んでないので書けるのですが)



その時、わたしは「彼の奥さんって大変そう・・・」と思うと同時に
あらためてダーリンと暮らすありがたさを実感したのでした。

誰かが「理想的な出張同行者は機嫌のいい人」
書いてるのを読んで共感しましたが
わたし的には「理想的なパートナーは機嫌のいい人」です。
笑う門には福来ると言うしね。


ガンガン稼いでくれたり、偉業を成し遂げる夫よりも
一緒に暮らすなら、いつも機嫌のいい夫にかぎると思います。

(結局ノロケかよ?ですね・・・すみません)

c0008209_13534357.jpg

[PR]

by gloria-x | 2010-09-25 12:07 | 出来事・世間・雑感