チェイサー/The Chaser '08(韓)

残虐シーンのえげつなさ!血の気の多い民族性ゆえ?
デカプリオがリメイクするらしいけど、この味は出せないでしょ

c0008209_1440326.jpg
韓国映画はあまり観ないけど、クライム・サスペンス系はわりと好き。
そして毎回唖然とするのが、暴力シーン、残虐シーンのえげつなさ、執拗さ!
香港映画の黒社会モノなんか様式美に感じるほどだ。

韓国には一度だけ行ったが、ソウル市内で
タクシーの運ちゃん同士のケンカに遭遇して驚いた。
日本のように「なんやコラ!」「やるんか?」と
因縁つけたり威嚇したりのウォームアップタイムがなく、
突如つかみ合い、無言のまま馬乗りになり
ネクタイで首を絞めるという瞬間真剣勝負!
ほんとに血の気の多い民族性なんだな~としみじみ思った。

だから韓国の人にとってはこれくらいの残虐シーンはどうってことないのかも?

c0008209_14362389.jpg
元刑事ジュンホが経営するデリヘルで働く女たちが相次いで失踪し、
ジュンホは何者かに売り飛ばされたに違いないと考える。
そして子持ちのデリヘル嬢、ミジンも客と会ってから連絡が途絶えた。
ジュンホは携帯番号から客を探し当て、
追い詰めて格闘の末、警察に突き出す。
男は淡々とした表情で殺人を自白するが・・・


ジュンホを演じるキム・ヨンソク。(桑田圭祐似)
中年男のやさぐれ感と可愛げが同居。
本物の悪人にはなりきれない人情味がよかった!

犯人役のハ・ジョンウも上手い。
一見、無害な青年に見える冷たい無表情と薄ら笑いが怖い!
個人的にこのテの顔は苦手~
実際の大量殺人をモデルにしてるらしいが、
結局犯人の動機などは明かされないまま・・・
c0008209_14364071.jpg
暴力描写が執拗にヘビーなのに加え、
犯行現場の家や凶器に対する生理的・本能的な嫌悪感が強烈!
(日本映画「黒い家」に匹敵する雰囲気)

ものすごく緊迫感のある演出でツカミがうまい反面、
途中でコメディ映画かと思うほどユル~イ場面が長々続くのは「?」
もっと少なければ緩急つけるためと思えるけど・・・
あと、警察での容疑者取調べや捜査がどうも手ぬるい印象。
大量猟奇殺人の容疑者を留置場にも入れず、
普通に刑事がデスクワークしてるオフィスで取り調べするかー?
女性刑事とのシーンなんかヒヤヒヤした。

これは韓国が実際そうなのか?
ハリウッド映画や「CSI:」など観慣れてるから違和感あるのか?
c0008209_1438527.jpg
ミジン役のソ・ヨンヒ。
最悪の恐怖体験ヒロインランキングがあったら上位に入るはず!
(「テキサス・チェーンソー」と同格か?)

シングルマザーの風俗嬢、20歳で産んでも27歳。
別のデリヘル嬢も客に年齢を聞かれて堂々と「30歳」と答えてた。
日本の感覚とはかなり違うんですね。
そういえばデリヘルのセキュリティ面がユルすぎ!
現場に着いたら店に連絡は必須だし、送迎車が近くで待機してたりするはず。
(やけに詳しいのは馳星周等の小説情報です・・・(;^_^A)
あれじゃあんな事件起きても当然でしょー。


'10 6 WOWOW ★★★★☆
監督:ナ・ホンジン
出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ソ・ヨンヒ
[PR]

by gloria-x | 2010-06-13 22:35 | 映画レビュー