歩いても 歩いても '08(日本)


SHIHOの熱烈リコメンドで鑑賞。よかった~!
姉妹でシンパシーを共有できました♪
c0008209_1605168.jpg
「誰もが自分の家族の物語を重ね合わせずにいられない」
このキャッチコピーそのまんま。

良多(阿部寛)は妻(夏川結衣)とその連れ子アツシを伴って実家に帰る。
15年前に事故で亡くなった兄の命日なのである。
実家には開業医だった父(原田芳雄)と母(樹木希林)が暮らし、
今日は姉(YOU)と夫(高橋和也)、2人の子供も来ている。
久々の帰郷だが、父親と相性の悪い良多は気が重い。
結婚相手が子連れの再婚女性であることを
両親が快く思っていないだろうし、
自分が失業中であることも隠さなければならないのだ。
そんな彼の憂鬱をよそに、家族は久しぶりに賑やかに食卓を囲む。

c0008209_1612021.jpg
なんというリアルさ!

役者全員、ほんとの家族みたいに自然で呼吸ぴったり。
家族ならではのわだかまり、意地の張り合い、気まずさ、気遣い、
家族だからこそ話せないこと、聞けないことなどが
さりげないセリフや仕草に見事に表現されている。
また、血のつながっていない家族(良多の妻子、姉の夫)の
「元は他人」という立場の存在感、気の遣い方の表現も絶妙。
高橋和也が特にいい味を出していた。

YOU演じる娘がよかった!
陽気なムードメーカーで、気ままにふるまい、好き勝手に喋っているように見せて
実はちゃんと場の空気を読んでさりげなく気配りしている感じ、
わたしは妹のSHIHOを見てるようだと思い、妹はわたしを見てるようだったとか(笑)

c0008209_1614930.jpg
家がセットと思えないほどリアル!

台所、風呂場、かつて子供たちの部屋で物置になっている二階など、
住んでいる人には風景の一部になっているけれど、
客観的に見ると手のつけようなくゴチャゴチャしてたり、老朽化してたり、
実際に家族が長年住んでいる家みたい。
美術担当の人エライ!日本映画には珍しいと思う。

樹木希林とYOU母娘がいろいろ喋りながら料理しているシーン、
料理を盛った大皿や小皿、グラスが食卓いっぱいに並べられるシーン、
わたしが実家に帰ったときのまんまで笑ってしまった。

c0008209_1621358.jpg
個人的には自分の実家よりも、子供の頃、毎夏休みを過ごした大叔父の家を思い出した。
家族構成も同じだし、なにより樹木希林演じる母親が大叔母にそっくりなのだ。
(すっとぼけて人をグサッと刺すところはわたしの母にもそっくり)

子供のいる前で、大人は無防備にけっこう重大なことを喋ったり
生々しい感情をさらけだしたりするものだが、
大人が見くびっている以上に子供は理解しているし、
理解したうえでわかっていないフリをするものなのだ。
そんな自分の子供時代も懐かしく思い出した。


是枝作品は「花よりもなほ」がわたしには激しく期待ハズレで、
誰も知らない」の高評価さえ揺らぎそうだったが、これで再浮上!

'10 5 20 DVD ★★★★★
監督:是枝裕和
出演:樹木希林、原田芳雄、阿部寛、YOU、夏川結衣、高橋和也
[PR]

by gloria-x | 2010-05-21 16:02 | 映画レビュー