目が眩むとはこのことか

c0008209_15323850.jpg
眼科に行ってきた。

最近、劇場鑑賞時にかぎって右目から涙が出るという症状があった。
目の奥にシャンプーなどが沁みた時みたいな感覚がある。
感動して泣いてるわけではないのに困ったなぁと思っていた。

視力はいいのだが、仕事で目を酷使してきたし、
趣味的にも目が見えなくなるのは最大の恐怖だ。

わたしは身体に気になる症状を感じたら、
即、病院へ行くタイプである。

目薬で瞳孔を開いて検査をした。

数時間ほど瞳孔が開いたままになるらしい。
「今日は曇りだから大丈夫でしょう」と医師。
病院の外へ出てその言葉の意味を知る。

ま、眩しい!
目を開けていられない!
雪原か灼熱の砂漠にいるみたい


白人が年中サングラスしてるのはファッションじゃないのがよくわかった。

ダーティーハリーのように苦みばしった表情で帰宅したわたし。
鏡を見るとヴァンパイアみたいな瞳になっていた。


結果は異常なしでひと安心でした。
[PR]

by gloria-x | 2010-04-02 15:59 | 出来事・世間・雑感