それでも恋するバルセロナ/Vicky Cristina Barcelona '08(米・スペイン)

c0008209_188534.jpg
真面目で堅実なヴィッキーと、奔放で情熱的なクリスティーナ。
バカンスでバルセロナを訪れた親友同士の2人は
女好きの画家ファン・アントニオと知り合い、
それぞれ彼に心惹かれるが・・・

スペインにはずいぶん昔に行ったけど、
こんな滞在型の長期旅行したいなー。

居心地よさげなバルや、オープンエアのレストランや
家の庭で食事するシーンがしょっちゅう出てきて
観てるこっちまで気持ちよ~くなってくる。

「ほんとよく飲むなぁー」と、このわたしが呆れるくらい
ワインを飲むシーンが多いので、
まるで「環境ビデオ」的な心地よさ(笑)

c0008209_18132429.jpg
赤ワインにオリーブと生ハムでまったり・・・最高!

ハビエル・バルデムを観るのは
ノーカントリー」「コレラの時代の愛に続き3作目。
この役がいちばん自然体なのでは?

画廊で見かけたアメリカ女にレストランで再会、いきなり
「君たちを週末旅行に招待したい。1時間後に飛行機で出発だ」とナンパ。
「なんのために?」と真面目なヴィッキーが聞くと
「3人でセックスするためさ。人生は短い、楽しまなきゃ」ですと!すっげー!
c0008209_18124180.jpg
すっかりノリ気のクリスティーナ。
ワインの酔いも手伝って目も潤み、いかにもスカヨハ的な役どころ。

ブロンドって得だなーといつも思う。
黒ずくめにしても地味になりすぎないし、
どーってことない格好でも髪で映えるからなぁ~
c0008209_1812553.jpg
毛嫌いしていた画家とワンナイトスタンドしちゃってから
婚約者のことが平凡で退屈に感じて悩むヴィッキー。
よくある話だけど、婚約者もただの退屈な男じゃなくて
「小鳥を飼いたいんだ」とか言ってるシーンでは
「わたしにはやっぱりこの人じゃなきゃ」と女に思わせる可愛さが出ててうまい。
c0008209_18133665.jpg
激しく情緒不安定な画家の元妻。
ペネロペは昔嫌いだったけど最近好き。
ちょっとダミ声でドスのきいたスペイン語がいい!
元夫の新しい恋人の荷物を調べたことに対して
まったく悪びれない態度が◎!

クリスティーナと同棲しているところに転がり込んだ元妻に
「ここでは英語で喋れ!それがマナーだ」と画家が
しつこいくらい強制するんだけど、なんで?
ここはスペイン、アメリカ人に気遣うことないじゃん!
これ以上英語圏にデカい顔させることないじゃん!
しかもあんな込み入った話を英語で?
わたしが行った頃は英語喋れるスペイン人なんてほとんどいなかったよー。
c0008209_18134762.jpg
ヴィッキーの親戚でバルセロナ在住のジュディを演じる
パトリシア・クラークソンは好きな女優のひとり。
こういうタイプの大人の女性に憧れます。
彼女を見るといつもYOUの将来形という感じがするのですが・・・

'10 3 WOWOW ★★★★☆
監督:ウディ・アレン
出演:スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール
    ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、パトリシア・クラークソン
[PR]

by gloria-x | 2010-03-18 21:49 | 映画レビュー