しあわせの隠れ場所/The Blind side '09(米)

c0008209_17331333.jpg
アメフト全米代表スター選手、マイケル・オアーの実話に基づく物語。

アメリカ映画の実話モノって、スケールの大きさというか
フィクションだったら「そんなウマイ話ないやろ!」的な
アメージングさにいつも驚き感動する。


幼い頃に麻薬中毒の母親から引き離され、
里親の家を転々としたあげくホームレスになったマイケル。
彼を自宅に引き取ったのは、裕福な家庭の主婦で
インテリアデザイナーでもあるリー・アン。
彼女は家族ぐるみでマイケルに愛情を注ぎ、
知恵遅れと思われていたマイケルの才能の開花に貢献する。

c0008209_1738270.jpg
リー・アンを演じるサンドラ・ブロックがいい!
裕福な家に生まれた勝気な美人で元チアリーダー。
理想的な家族も仕事も持ってる。
お金持ちの夫は理解があって彼女にベタ惚れ。
2人の子供も素直で健全にスクスク育って・・・ってパーフェクト!
生まれ変わったらこんな人生送ってみたいなぁ。

c0008209_17381282.jpg
彼女のファッションがことごとく気に入ったわー♪
リッチ&いい女オーラ全開というか、
一歩間違えばちょっとイヤミになりそうだけど
上質なモノをさらりと着こなしてかっこいい!
エンドロールでご本人や家族の写真も多数登場するが、
サンドラが演じたまんまの女性だったみたい。

ただ、少し気になったのが
家族全員がなんの疑問も不満もなく、あまりにもすんなり
マイケルを家族の一員として受け入れること。
ただの博愛・慈善精神だけじゃなく、
マイケルの何が彼らの心の琴線に触れてそこまでさせたのか、
そこがわたしにはちょっとわからなかったから。
(マイケル役の演技力なのか、演出的なものなのか?)

とはいえ、ストレートに感動でき、前向きで爽やかな気分になれる秀作。

'10 3 3 劇場 ★★★★★
監督:ジョン・リー・ハンコック
出演:サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ
    クイントン・アーロン、キャシー・ベイツ
[PR]

by gloria-x | 2010-03-05 17:46 | 映画レビュー