コレラの時代の愛/Love in the time of Cholera '07(米)

c0008209_14452492.jpg
不思議な空気感漂う映画だったなぁ。
タイトルからいきなり「コレラ」だし、ガルシア・マルケスだし
もっと難解で鬱陶しいお話かと思いきや、
意外に展開が早く飽きさせず、
シリアスかと思いきや失笑させてくれたり、
話がどう転ぶのか予測もつかず2時間10分退屈しなかった。

舞台が南米で、街並みやコロニアル洋式の邸宅などが目に快い。
中庭、回廊、吹き抜けなど、内と外の境界がゆるやかなあの感じ大好き!
緑や花々は生命力強そうな濃い色彩でルソーの絵みたいだし、
風通しよさそうな映像が心地よかった。


ただ、いつも思うことだけど、
英語圏以外の土地を舞台にするならその言語にしてほしい!
キャストもほとんどラティーノだし、スペイン語でやってほしかった。
c0008209_153769.jpg
お話は南米文学らしく現実離れしていて、
初恋の女性を半世紀以上思い続け、貞節を誓う一方で、
600人以上の女とSEXしまくるという不思議な男の話。

ロマンチックな手紙攻勢のおかげで両想いになり、
結婚を誓い合うが、父親の猛反対で引き裂かれた2人。
男は女を思い続けて童貞を守り抜き、
何年か後、やっと再会すると、女は無情にも
彼の顔を見るなり「あの話はなかったことにして」
このシーン、ハビエルの顔に原因ありとしか思えない(笑)
c0008209_17181716.jpg

この印象薄く頼りなさそうな若者が↓突然こうなる。
c0008209_16221945.jpg
後ろからこんな強烈なデカイ顔がよだれ垂らさんばかりについてきてて、
突然ヌッと現れたらそりゃ引くわなーって演出なのだ。

その後、女は父親の思惑通り裕福な医者と結婚し、
男は手当たり次第に女と関係を持つのだが、
ふられて自棄になって、とかじゃないのがポイント。
常に女の方がその気になって、ふと気がつくとそうなってた、というパターン。
そして彼は初体験の相手から一人も欠かさずノートに記録しているのだ!
(昔、似たような人いましたよね?ワイドショーで連日話題だった)

主人公のキャラ設定がちょっと「?」
いい歳して定職にもつかず母親に養ってもらって
失恋したことにクヨクヨし、ストーカー的要素もあり、
はっきり言ってキモい奴!(容姿じゃなくて)
それなのに、自覚なく女を虜にするフェロモンを出してるのか?

ハビエル・バルデムは老けてからのほうが魅力的。
ちょっとニコラス・ケイジを思わせるセクシーハゲ系でお茶目。
ヒロイン役のジョヴァンナ・メッツォジョルノは
美人で勝気でニコリともしない表情が誰かに似てるなーと思ったら、
デブラ・ウィンガーだった。

父親役はジョン・レグイザモ。
ラテン系のやんちゃな役が似合ういい役者だが、
ヒロインの父親に見えないのが残念。
特に、医者と娘の仲をとりもとうとする様子はまるで女衒!
医者役のベンジャミン・プラットもよく見る顔だが、
現代モノのアメリカ映画に出てる時より断然魅力的だった。
しかし、なんといってもヘクター・ヘリゾンドの渋さと
年老いても枯れない色気!
この人が出てるだけで不思議に映画の格が上がるのよねー♪

'10 2 WOWOW ★★★★☆
監督:マイク・ニューウェル
出演:ハビエル・バルデム、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ
    ヘクター・ヘリゾンド、ジョン・レグイザモ、ベンジャミン・プラット
[PR]

by gloria-x | 2010-02-26 14:46 | 映画レビュー