グッドナイトムーン/STEPMOM '98(米)

c0008209_17455252.jpg
もう12年も前の映画なのかぁ・・・
何年ぶりかに観ても意外に色褪せてなかったが、
女性の生き方というか、「仕事か家庭か」、
二兎を追う者一兎をも得ず、みたいな描き方にはやはり時代を感じた。


ファッションカメラマン、イザベル(ジュリア・ロバーツ)と
バツイチの弁護士ルーク(エド・ハリス)は結婚を前提に同居している。
なんとルークの連れ子2人と!

わたしがイザベルなら、
子連れ男と恋愛しても
絶対に子供と同居なんかしない!

ていうか、できない。

ルークの前妻ジャッキー(スーザン・サランドン)が
子供と週末を過ごすため迎えに来たりでしょっちゅう出入りするのだが、
ジャッキーは仕事もしてないし(以前はランダムハウスの編集者だったらしい)
子供命!なのだから彼女が子供と暮らせばいいのに・・・
(それを言っちゃ物語が展開しないのだけど)
もちろんジャッキーはイザベルに敵意満々で、思春期の娘も同じく。
下の息子が天真爛漫なのが救いだ。
(この子役、表情とかほんとに可愛い!しかも上手い!)
c0008209_17461750.jpg
ルークが「子連れ」に悪びれなさすぎなところも疑問。
イザベルに子供たちの身の回りの世話から弁当作り、
学校の送り迎えまで任せっぱなしなのだ。
百歩譲ってイザベルが無職だったとしても大問題でしょう。

おかげでイザベルは超一流のカメラマンなのに
遅刻したり、撮影を途中でほったらかしたり、
手抜きで撮ったり(本人は腕がいいから出来は変わらないと主張)
ボスに「仕事そのものに対する姿勢や情熱が無くなっている」
と看破されても子供を優先させるのだ。
これって真のプロじゃないよねー。

実はイザベル自身「仕事か女の幸せか」で迷っていて
「仕事を犠牲にしてまで愛する男の子供に尽くす自分」に酔ってたのかも?

c0008209_1746625.jpg
ジャッキーの病気が発覚し、2人の女が少し歩み寄ってからは
イザベルはさらに自分を殺して徹底的にこの家族に尽くす。
ジュリア・ロバーツ儲け役ですな。

ルークという男は子連れバツイチのくせに、のほほんとしすぎ!
イザベルのキャリアや人格についてどう考えているのかも疑問だ。
若くて美人でかっこいい仕事してる女性が後妻に来てくれて、
仕事そっちのけで手のかかる子供たちの世話を引き受けてくれて、
そのうえ前妻とのややこしい関係もクリアにしてくれるなんて、
男にとってこんな都合のいい話ないんじゃないかしら?
(って意地悪すぎる見方?)


挿入歌の「AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH」がいい♪

※そういえば試写会時にはシャワールームでの
  ジュリア・ロバーツとエド・ハリスのけっこう過激なセックスシーンがあったのに
  今回カットされていた。劇場公開時にもなかったのだろうか?

'10 1 WOWOW ★★★★☆
監督:クリス・コロンバス
出演:ジュリア・ロバーツ、スーザン・サランドン、エド・ハリス
[PR]

by gloria-x | 2010-01-25 17:42 | 映画レビュー