DNAの成せる技?

先日、ジョギングに行こうとした時のこと。
途中の階でエレベーターが開いた。

乗ってきたのはご夫婦とベビーカー。
だんなサマは「絵に描いたような」アメリカ人男性。
ドアが開くなり「ハーイ」とわたしににっこり微笑みかける。
わたしもつられて「ハーイ」(;^_^A
「これからトレーニング?」
「ええ、ちょっと走りに」
なんだかまるでN.Yはセントラルパーク近くの
アパートメントで交わされるような会話!

 
注:正確にはオーストラリア人かカナダ人か知らないが、
  金髪で背が高く、ちょっと肉付きがよく、見るからに陽気な
  海外で見かけたら「アメリカ人だな」と思うタイプ。
  ポロシャツ×短パン姿なのだが、
  それがちょっとリッチなリゾートで見るような上質な感じ。

奥サマは日本人で、赤ちゃん連れには珍しく
大人のセレブっぽいワンピ姿。
彼女とわたしもにっこり挨拶を交わす。

その時、ほんとに不思議なんだけど
ベビーカーから眩しい光が発せられているような気がして
思わず目がそちらに。
次の瞬間、口から勝手に言葉が。

「可愛い!」

中にいた赤ちゃんがほんっとに可愛らしかったのだ。
わたしに向かってニコニコ笑いかけていて、
それがオーラとなって光を発していたのか?
目が合うとさらに嬉しそうにキャッキャと笑う。
ハーフだから顔が可愛いのは当然としても、
「可愛げ」度がハンパじゃない。
オープンで、フレンドリーで、人を惹きつける魅力満点!

ブログでも何度か公言しているが、
わたしは子供が苦手だしまったく興味がない。


なので、エレベーターや電車で子供と隣合わせても
にっこり笑いかけたり一切しない。
むしろ、子供の存在になど気づかないようにふるまう。

そんなわたしの氷のような心を
一瞬でとかした赤ちゃん恐るべし!


日本人の赤ちゃんってけっこう
他人に対して警戒心満々なコが多いような気がする。
目が合ったら不信感丸出しになったり、
プイッと親の方に助け求めたり、
親がよそ見してる間につねってやりたくなるほど。
(不穏当な発言ですみません(-_-;)

これって大人も同じ。
日本人は知らない人には無表情もしくは
無遠慮な視線を向けることが多いけど、
欧米人(特にアメリカ人)は他人と目が合うと
とりあえず敵意がないことを示すためかにっこり笑う。
それが完璧な習慣になっているのですごく自然。
海外に行く度、いいなーと思い、見習いたいと思うけど
日本に帰ってきたらマネしたくてもできない。


長きにわたって他人ににっこり微笑みかけてきた
人種のDNAがその赤ちゃんにも組み込まれているのだろうか?

日本人がそうなるには地球が100回くらい
ビッグバン繰り返さなきゃムリだろうなー。

**************

でも、よく考えたら同じ階にいる
いつもスーツ姿の白人男性は愛想なし。
こっちが挨拶してやっとかすかに会釈する程度で、
「チッ、白人だと思ってお高くとまりやがって」と内心ムカッ。
(自分の東洋人特有の卑屈な心理もイヤだけどね)
てことは、DNAより個人の問題ってことなのかしらん?
[PR]

by gloria-x | 2009-11-09 22:23 | 出来事・世間・雑感