アンダーカヴァー/We Own the Night '07(米)

c0008209_15402854.jpg
単純なアクション物かと思いきや、意外に骨太で
人間ドラマもしっかり描かれたクライムサスペンス。
ホアキン・フェニックスの演技力を再確認した。

80年代末のN.Y。ボビー(ホアキン・フェニックス)は
父(ロバート・デュバル)がN.Y市警の警視、
兄(マーク・ウォルバーグ)が警部という警察名門一家に生まれながら
実家とは疎遠でナイトクラブの雇われ支配人をしている。

父の跡を継ぐ真面目な兄と、親に背いて奔放に生きる弟という古典的な図式。
ボビーと顔を合わせれば「まっとうな生き方をしろ」と説教する父だが、
息子を愛し心配していて「今からでも警察に入らないか」と勧める。
これってちょっと甘やかしすぎでは?
いくら警視とはいえ、水商売にどっぷり浸かった息子を
コネで中途採用できるのだろうか?
もちろん、そんな気はさらさらないボビーだが、
運命の因果か、結果的には自ら志願して警察官に。
c0008209_15405767.jpg
潜入捜査という意味の日本語タイトルだけど、比重は親子・兄弟愛に置かれている。
ボビーは母親の旧姓を名乗ってまで父と兄の生き方に反抗し
水商売で成り上がっていこうと野望を抱いていたのに、
意外にあっさりと父や兄のために警察に協力し、
最終的には生き方そのものも変えてしまうのがやや疑問。
まあ、そこでダラダラとボビーの内面的葛藤を見せても
テンポが悪くなるし話が展開しないので仕方ないか。

兄とも反発し合っているようで、実は深い絆で結ばれている。
そして兄弟揃って父を深く愛している。
このあたりの微妙な感じに3人の俳優の演技が説得力を与えていた。
特に父親役のロバートデュバルがよかった。
この人はどんな映画に出てもほんとにいいわー。
「どうです?渋いでしょ」なんてこれっぽっちも態度に出さないのに
淡々と渋いところがすごい。

c0008209_1541174.jpg
ボビーの恋人役はエヴァ・メンデス。
そそられる感じでけっこう好きです。
c0008209_1704423.jpg
特にこのシーン、前後の脈略なくスローモーションになるんだけど、
エヴァの貫禄ある歩きっぷりに目が釘付け!
「おーっ!いい女~」という表現がぴったり。

'09 6 DVD ★★★★☆
監督:ジェームズ・グレイ
出演:ホアキン・フェニックス、マーク・ウォルバーグ
    ロバート・デュバル、エヴァ・メンデス
[PR]

by gloria-x | 2009-07-01 15:34 | 映画レビュー