アメリカを売った男/BREACH '07(米)

c0008209_21275715.jpg20年以上に渡ってアメリカの国家機密をソ連のKGBに売り渡していた実在のFBI捜査官のスパイ事件を描いたサスペンス。

まずキャストがいい。
華やかさはないが、見ごたえあるのは間違いないという信頼保証マーク付きの顔ぶれだ。
クリス・クーパーは爬虫類っぽいヌメっとした目つきで、いつも善人役なのか悪人なのか判断しにくい。善人という設定でも突然豹変しそうな独特の怖さを秘めていて、今回もその風貌が複雑な人物像にぴったり。
(毎度しつこいが、やはり小松政男に似てる)

ローラ・リニーはいつものごとく安心して観ていられる手堅い演技&存在感。
そしてこの役は彼以外には考えられないライアン・フィリップ(Love!
c0008209_21281122.jpg

カオスの時にも書いたが、サブ的なポジションで一見おとなしく控えつつ、
実は抜け目なくすべてを観察・把握しているという役をやらせたら右に出る者はいない。
そして、しれっと嘘をつきとおす時のあの誠実で純粋そうな瞳ったら!
実年齢いくつなのか知らないけど、
いくつになっても「ボクちゃん」なところが大好き♪

地味だけどしっかりきちんと仕上がった作品。観て絶対損はない。

'09 1 DVD ★★★★☆
監督:ビリー・レイ
出演:クリス・クーパー、ライアン・フィリップ、ローラ・リニー
[PR]

by gloria-x | 2009-01-12 21:29 | 映画レビュー